カンジダは身近な病気 - カンジダの市販薬をネット通販で購入してみた

2012年12月06日

カンジダは身近な病気

元々、肌が弱くかぶれたりするのでかゆくなった時は、いつもかぶれたんだろうと思っていました。

ある時、すごくかゆくて掻いてはダメと思っていても我慢できず掻いてしまっていました。掻きすぎてなのか、赤くなり腫れているようにも見えました。そして、かゆすぎて、痛くもあり何をするにも落ち着かず気が散って仕方ありませんでした。

かゆくなる場所も、表面だけではなく中の方もかゆくなっていました。
さらに、おりものが、ボロボロとなっていて明らかにいつもと違うというのが、それで、やっとわかりました。

ネットで、調べてみると「カンジダ」という病気で、いつも体内にある菌だけど、風邪薬などの薬で悪い菌が繁殖してしまい発症してしまうようです。

思い当たる節は、ありました。症状が、出る4〜5日前に親知らずを抜いていて、痛み止めと化膿止めをもらっていて服用していました。

これが、原因だったようです。自然治癒は、出来ないと載っていたので次の日に、婦人科にかかりました。

掻きすぎたためか、かゆくなってから少し日数が経っていたからか「ずいぶん前からかゆくなっていたんじゃない?」と医師に言われるほどでした。

毎日、治療に来た方が治りはいいとの事でした。子育て中の、専業主婦だったので毎日行きました。

かゆくて何も出来ない状態だったので、一日も早く治したい一心でした。

カンジダになっている時は、お風呂に入った時、患部を石鹸等でゴシゴシ洗うのはよくないそうです。流す程度でいいそうです。

病院から、塗り薬を頂いていましたので、1日に2回患部に塗って、病院には、毎日行き2週間ほどで完治したと思います。

それからは、少しかゆいなと感じただけでなったかも?!と敏感になりました。でも、かゆみのない生活が嬉しかったです。

ならない方がいいですが、誰にでもなる可能性があります。

恥ずかしいことはありません。性病とは違います。

もしも、カンジダになってしまったら、すぐに病院に行くことをおススメします。早く、病院にかかると治りも早いですから。

カンジダの市販薬の購入体験⇒カンジタ












posted by カンジダ市販薬 at 12:29| Comment(0) | カンジタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright © カンジダの市販薬をネット通販で購入してみた All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。