カンジダの市販薬をネット通販で購入してみた

2012年12月06日

カンジダは身近な病気

元々、肌が弱くかぶれたりするのでかゆくなった時は、いつもかぶれたんだろうと思っていました。

ある時、すごくかゆくて掻いてはダメと思っていても我慢できず掻いてしまっていました。掻きすぎてなのか、赤くなり腫れているようにも見えました。そして、かゆすぎて、痛くもあり何をするにも落ち着かず気が散って仕方ありませんでした。

かゆくなる場所も、表面だけではなく中の方もかゆくなっていました。
さらに、おりものが、ボロボロとなっていて明らかにいつもと違うというのが、それで、やっとわかりました。

ネットで、調べてみると「カンジダ」という病気で、いつも体内にある菌だけど、風邪薬などの薬で悪い菌が繁殖してしまい発症してしまうようです。

思い当たる節は、ありました。症状が、出る4〜5日前に親知らずを抜いていて、痛み止めと化膿止めをもらっていて服用していました。

これが、原因だったようです。自然治癒は、出来ないと載っていたので次の日に、婦人科にかかりました。

掻きすぎたためか、かゆくなってから少し日数が経っていたからか「ずいぶん前からかゆくなっていたんじゃない?」と医師に言われるほどでした。

毎日、治療に来た方が治りはいいとの事でした。子育て中の、専業主婦だったので毎日行きました。

かゆくて何も出来ない状態だったので、一日も早く治したい一心でした。

カンジダになっている時は、お風呂に入った時、患部を石鹸等でゴシゴシ洗うのはよくないそうです。流す程度でいいそうです。

病院から、塗り薬を頂いていましたので、1日に2回患部に塗って、病院には、毎日行き2週間ほどで完治したと思います。

それからは、少しかゆいなと感じただけでなったかも?!と敏感になりました。でも、かゆみのない生活が嬉しかったです。

ならない方がいいですが、誰にでもなる可能性があります。

恥ずかしいことはありません。性病とは違います。

もしも、カンジダになってしまったら、すぐに病院に行くことをおススメします。早く、病院にかかると治りも早いですから。

カンジダの市販薬の購入体験⇒カンジタ












posted by カンジダ市販薬 at 12:29| Comment(0) | カンジタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に多いカンジダです

常在菌であるカンジダは、だれでも持っている菌の一つですが、ビタミン欠乏症などの免疫低下が原因で発症することが多いです。
症状と言いましたら、まず強いカユミがあります。そして、女性の場合、おりものが固まった状態のものが出て来たりします。男性よりも女性のほうがかかりやすいのは、性器が表に出て風通しが良い状態にある男性よりも、体内に生殖器がある女性のほうが、発症しやすいことにあります。
原因は体力が低下して、抵抗力がなくなり、悪玉菌が繁殖することによって、カンジダが繁殖することによりますので、ストレスが大きな原因となり得ます。
その他に、抗生剤の服用に対して、悪玉菌などの菌が死滅して、カンジダが異常繁殖したりします。
また、陰部の蒸れなどもカンジダが発育する場所として最適なので、カンジダになりやすくなります。不潔な下着を身につけ続けたりすると、カンジダになりやすくなります。
他にも、性交のパートナーにカンジダの菌がついていたりして、それが性交によってうつる場合があります。しかし、女性から男性へうつる可能性は非常に低いです。それは生殖器の作りの違いから来ています。
治療には抗真菌剤の軟膏を塗ったりします。
私はもの凄い陰部のカユミがあって、迷いましたが産婦人科に受診しました。検査は簡単で、すぐにカンジダと診断されました。そして、治療には塗り薬の処方箋を書いていただき、ファーマシーで軟膏をもらって、塗って治しました。

カンジタの市販薬の購入先













posted by カンジダ市販薬 at 12:28| Comment(0) | カンジタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンジダにかかった話

2年くらい前に立て続けに3回くらいカンジダにかかりました。

カンジダというと性病と思われがちですが、セックスで移るだけでなく、
女性だけでも普通に感染する陰部の病気なんですよ。

私の場合は生理のときなど、
つい忙しくてナプキンを替えられずムレたりするとよくなりました。

この病気の怖さはまず、痒いこと!
これは本当に、耐えられない痒さです。

しかも場所が場所なので仕事中にかくことはできないし、
集中力は著しく欠くことになります。
なんというか、膣の外だけじゃなく、中も痒いんです。

しかも白っぽいおりものが出てきて見た感じすごく不潔に見えて精神的にもかなりへこみます。

私は再発用の軟膏の薬を薬局で購入して買ってましたが
(薬局では薬剤師に声をかけないと買えません)、
あまり効かず。

結局病院へ行きました。

陰部に挿入するタイプの薬を入れてもらうと2日くらいでおさまって、

かゆみもすっと引きます。今思えばすぐに病院に行けばよいんですけど、

内診台に乗るのも嫌なので、どうしても躊躇しちゃいますよね。

自分でいれられる薬をくれる病院もあるので、
もしそういう病院なら大目に薬をもらっておくのをおすすめします。

そうすればなったとき自分で対処できるので。

カンジダは結構再発しやすい病気で、油断しているとまたかかります。

夏は特にムレてカンジダ菌が増えやすいので、ムレる服装には注意したほうがいいと思いますよ。
ストッキングとか、結構ムレますので。
カンジダはカビのひとつなので、乾燥が一番いいそうです。

カンジタ 薬はこちら













posted by カンジダ市販薬 at 12:24| Comment(0) | カンジタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © カンジダの市販薬をネット通販で購入してみた All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。